大人気!"フェイクムートンシリーズ"予約販売開始
YOSOOU x DIRECTOR Shin Ito ディレクターインタビュー

今シーズンで11年目となるYOSOOU。 YOSOOUの世界観を作り上げているディレクターの伊藤さんに、改めて取材をさせていただきました。 見る人を引きつけるデザインから、ファッションについて、また伊藤さんご自身のプライベートなことも含めて、Q&Aという形式でインタビュー。 あまり表には出ることのない作り手からのメッセージ、さまざまな分野を横断して活躍する伊藤さんのクリエイティブな考え方を少しのぞくことができました。


YOSOOUのディレクションにおいて、意識していることは何ですか?

お客様のニーズに寄り添うブランドであることを意識しています。
「YOSOOUに求められているニーズはどんなことか?」特にそんなことを考え、意識し、かっこ良すぎてはいけない、普段着すぎてもいけない、ブランド側の表現を押し付けるのではなく、同調していただけるようなそんなブランドを目指しています。

毎シーズンのテーマはどう決めていますか?

その時の時代性を感じ取り、テーマへと置き換えています。

インスピレーションが生まれるのはどんな時ですか?

なんてことない日常から特別な日まで、全ての時間にその可能性はあるのですが、1つ言えるのはココロに余裕がないと生まれないです。

YOSOOU歴代の柄で好きなBEST3を教えて下さい。
また、お気に入り商品を教えてください。

2020 Uzumaki、2015 Kazaguruma、2018 Tsubaki、2017 Sashiki の順ですかね。3つには絞れなかったです。
お気に入りの商品を選ぶのも難しいのですが、、、1つ選ばないといけないとなれば、2015年のセーターのような被るダウンシリーズです。

伊藤さんご自身ファッションにも強いこだわりがあると思いますが、
お洋服選びのポイントは何ですか?

若い頃は最新のコレクションなど必死に追いかけていましたが、この年齢になると選び方もガラッと変わりましたね。 自分の好きなモノ、自分の顔立ちに合うモノ、自分の体型に合うモノ。 何を着ているかというよりは、どう着こなせているかが重要だと思います。

伊藤さんが今ハマっていること、オススメなお家時間の過ごし方を教えてください。

数年前から茶道を習い始めました。特にお茶に興味はなかったのですが、着物から空間、作法などなど、とにかくたくさんの事柄がバランスよく折り重なった総合芸術のような、いや、そんな高尚なものでもなく、日本人として必要なことが詰まっているように感じ、続けています。 オススメなお家時間の過ごし方、特にコレっておススメするようなことはないんですがやったことのないことをやってみるというのはどうでしょうか?

ファッション業界でも広がるサスティナブルな取り組み、SDGsについて、
何か意識していることはありますか?

現在、再生商品企画や、リユースプロジェクトなど、廃材を使ったり、環境を壊さない商品開発、リサイクルできる商品開発などSDGsにもまつわる、いろいろなプロジェクトに携わっておりますが、共通して1つ言えるのは、「めんどくさい」です。 手間がかかり、コストもかかり、新しい仕組みでコトを進めていくということは、いつもと違い、めんどくさいことがたくさんあります。
それを、いかに楽しんで取り組むか、作り手も、使い手も、ゴミの捨て方1つとっても、めんどくさいけど、その方が楽しいという気持ちになれるかどうか、そんなことを意識して取り組むよう心がけています。

アパレルの在り方について、今後の予測やこうなって欲しいといった希望のようなものはありますか?

アパレルとファッションという言葉がきちんと区別されてきたことが嬉しいです。今後はもっと明確な区別がされていくと思いますし、TPOのあり方、進化もそれに合わせてしていくと思います。そういった点では、洋服に対する考え方は成長していくと思いますが、その一方で、素材や、製造など、モノづくりに関することなど、お客様(使い手)にも知っておいて欲しい情報が販促ツールとして、正しく整理されないままオンラインなどで広まっていくことが心配ではあります。
今後の予測、希望でもありますが、YOSOOUのような専門商品のブランドが増えるのではないかと思います。
様々な商品を作るよりも、その道のプロとして極めた商品でないと目の肥えたお客様には通用しなくなるのではないでしょうか。
ある意味、昔に戻ることにはなりますが、そうなるだろう、そうなって欲しいと思います。

ito design studio / 伊藤心

ファッション、グラフィック、タイポグラフィ、テキスタイル、プロダクト、インテリア、空間、写真、エディトリアルなどジャンルにはこだわらず、デザインとして必要な本質的な機能と感覚的な見え方のバランスを大切に考え、様々なモノをデザイン、ディレクション。

1998年 文化服装学院卒業後アパレル会社へ入社、1999年 退社後にフリーランスでファッションとグラフィックのデザイナーとして活動。2000年 自身のファッションブランドを立ち上げ、2001年に前身となるデザイン事務所を開設。2003年 屋号を「ito design studio」とし、ファッションを中心に広告、グラフィック、テキスタイル、プロダクトをはじめ、様々なジャンルのデザインやプロデュース、アートディレクションなど多岐に手掛ける。2017年 「East株式会社」を設立、フランスのデザインブランド「PAPIER TIGRE」アジアエリアのクリエイティブディレクターに就任。

ito design studio:https://itodesignstudio.myportfolio.com/

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせは
メールのみの受付となります
お問い合わせフォームはこちら

カスタマーサポート対応時間
火〜木 10:00〜18:00

  • ※お電話によるサポートは行っておりません。
  • ※回答まで数日お待ちいただく場合がございます。
  • ※営業時間外、および月金土日祝日はサポート業務を行っておりません。

CALENDAR ショップ営業日カレンダー

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31