粧うダウン製品のお手入れ方法

ご自宅でお洗濯する場合

洗い方

ご自宅でのお洗濯は押し洗いで行います。絶対に洗濯機を回して洗わないでください。

【用意するもの】
  • ・大きめの桶(洗濯槽で代用できます)
  • ・おしゃれ着用洗剤(ダウン素材はアルカリ性に弱いので中性のもの)
  • ・スポンジ
【手順】
  • 1. ファーなどが付いている製品は、すべて外しておきます。
  • 2. 洗濯槽や大きな洗面ボウル、お風呂などに水を張ります。
  • 3. 汚れのひどい部分は、前処理をします。
    衿や袖口などの気になる部分汚れは、おしゃれ着用洗剤の原液をスポンジにつけて軽くたたきます。
  • 4. おしゃれ着用洗剤を適量使用し、両手でしっかりと押し洗いをします。
    もみ洗いすると中の羽毛を傷めてしまうので、全体をやさしく押して洗ってください。
  • 5. 洗濯槽を利用して脱水します。
    長時間脱水すると、ダウンジャケットが洗濯機のフタなどとこすれて、傷んだりすることがあるので、洗濯機のそばを離れずに30秒くらいの脱水にしてください。
    脱水したら、水を替えて2回すすぎます。

干し方

陰干しします。中のダウンが完全に乾くまで季節によっては時間がかかる場合があります。

【手順】
  • 1. 脱水後はすぐに取り出し、しわなどを伸ばして形を整えます。
  • 2. 陰干しの平干しにします。
    羽毛が固まってダンゴ状になっていても、このときはムリにほぐしません。
  • 3. 表面が乾いたら、両手でジャケットをはさみ、たたきながら羽毛を均一にととのえます。   このときダンゴ状になった部分もたたきながらほぐしてください。
  • 4. 湿気が残ると嫌なニオイやカビの原因になるので、手のひらでギュッとはさんでも水分が手になくなるくらい、充分に乾かします。
  • 5. 中の羽毛は乾きにくいので、さらに1週間、風通しの良い場所で室内干しにしてください
  • 6. 仕上げに防水スプレーをかけるのがおすすめです。

クリーニング店へお願いする場合

素材の性質上、選択方法は下記の点にご注意の上、お取り扱いください。

  • ・洗濯はクリーニング店でのウェットクリーニングをご指示ください。
    洗い、すすぎ、脱水の洗濯作業を要領よく行う必要があるためクリーニング業者でのウェットクリーニングをお勧めいたします。
  • ・製品についている取扱い絵表示にしたがってお取り扱いください。
  • ・この素材は撥水加工が施されています。クリーニング等で撥水機能が徐々に損なわれることがあります。
    永久のものではありませんので、ご了承ください。

スエード製品の取り扱いについて

スエードは、しばらくの間、細かい粉が落ち、他衣類を汚染することがありますのでご注意ください。
特に濃色の製品は淡色衣料と着用されますと、汗や摩擦により他衣料へ移染することがありますのでご注意ください。

ダウン(羽毛)製品のお取り扱い及び保管方法

  • ・雨や雪に濡れたときは濡れたまま長時間放置すると臭いの出ることがありますので早めに十分乾燥させてください。乾燥させる際は軽く叩いて羽毛の偏りを均一に直してから吊るさずに平らに置いて干してください。(高温のストーブなどに近づけすぎないように注意してください。)
  • ・強く折り曲げたり色物と重ねてしまわないようにしてください。
  • ・クリーニングから戻ってきたらポリ袋から出し、陰干しして十分に湿気を取り除き風通しの良い場所にゆっ たりと収めてください。
  • ・万一穴があいたときは市販の補修テープでふさいでください。また、縫い目から羽毛が飛び出していたら引っ 張らずに表地を軽くつまんで押し戻してください。
  • ・シミがついたときは中性洗剤をタオルに染み込ませ軽く叩くよう処置し、その後、濡れタオルで洗剤を拭き 取ってください。(染み抜きした部分が輪ジミになることがありますので十分ご注意ください。)

逆開きファスナーの取り扱いについて

  • ・YOSOOUのダウンはより快適に着ていただくために上下どちらも開く逆開ファスナーを使用しています。
    そのため2つのスライダー(上げ下げする部分)をしっかりと固定せず上げようとすると、通常のオープンファスナーのように上がりません。
    スライダーを2つともしっかりと一番下まで下げ、蝶棒(差し込む部分)を差し込んでからスライダーを上げてください。
    詳しくはYKKの逆開ファスナーの操作方法をご覧ください。

CATEGORIES